ぬるま湯マイラーのススメ

私は、航空会社のマイルを貯めている。今まで何度も特典航空券で海外旅行に行っている。が、還元率を計算し、1マイルでも多くマイルを獲得する生活を送るスーパージョッキーばりの熱湯マイラーではない。

あくまで、自分が普通に生活する上で、貯められるマイルは逃したくない、という程度の、いわゆる”ぬるま湯マイラー”だ。

それほど頑張るわけではなくても、十分に恩恵があるぬるま湯マイラー、その心得を紹介したい。



ぬるま湯マイラーの心得!!

●マイルの失効だけは防げ!
1回海外で遠出をすると数千レベルでマイルが貯まる。つまり、失効するときも数千レベルで失効してしまうのだ。

私はこの「失効」を避けるために、主にデルタ航空のスカイマイ
ルとユナイテッド航空マイレージプラスで貯めている。

スカイマイル→失効しない。
ユナイテッド航空→18ヶ月で失効するが、その間にアカウントの変動があれば失効しない。私は失効を防ぐために、ユナイテッドのクレジットカードを持ち、失効を防いでいる。
一番安いユナイテッドJCBクラシックカードは年会費1250円だ。年間1250円でマイルの失効が防げるならば、高い買い物ではないと思う。



●一番格安の航空券を購入せよ!
マイルを貯めたいがために、高めの航空券を購入するなんて本末転倒。マイルはあくまで付加価値だと割り切る。
順番としては一番安い航空券を見つける。それで貯められるマイルを貯める。というのが正しい順番だ。
(とはいえ、数千円でマイルの貯まり方が全然違うのなら、そちらをチョイスする臨機応変さも大事だ)
ちなみにデルタは世界的航空アライアンスのスカイチーム、ユナイテッドはスターアライアンスに所属しているので、旅行時に一番安い航空券を購入しても、どちらかでマイルを貯められる可能性が非常に高い。



●飛行機に乗る機会があればキャンペーンのチェックしろ!

ぬるま湯マイラーの基本姿勢としては、「普段の生活の中で貯められるマイルを逃さない」ということである。
出張でも旅行でもどこか行くことが決まったら各航空会社のキャンペーンをチェックしよう。
私は先日Jetstarで九州に行ったのだが、デルタ航空のニッポン500マイルボーナスキャンペーンで1000マイルを獲得した。ちなみに去年の年末の出張でも同様に1000マイル獲得している。



JAL/ANA マイルはクーポン券にかえろ!
上記で記載したようにメインで貯めているのが海外航空会社のマイルのため、JAL/ANAのマイルはドカンと貯まらない。
JALに乗る時は、JALでマイルを貯めるが、そもそも日系の航空会社はお値段が高いので国内線以外でなかなか乗ることがないのため特典航空券を獲得するほどは貯まらない。
だが、フォートラベルで口コミを書いたり、楽天で買い物をする際に、ANAマイレージモールを経由したり、Edyで買い物をしたりコツコツ貯めることはできる。また、他のクレジットカードのポイントをマイルに変えることもできる。そうやって地道に貯めたマイルをムダにしないために、失効前にクーポンに変えておこう!

 

どうでしょう?
私はそれほど頻繁に飛行機に乗るわけではないか、何回も特典航空券を獲得している。
特典航空券は、遠くにいくとコスパが悪くなるので、アジアなど近場で使用するのがオススメだ。